オープンソースシステムの導入

オープンソースシステム(OSS)を活用したWEBサイトの制作

 国際的なコミュニティで開発が進められているオープンソースシステム(以下OSS)を積極的に活用する事で、短期間・低コストで高機能なWEBサイトの構築が可能となります。弊社では主にオープンソースシステムの選定、導入、デザインカスタマイズを中心にサービスを提供させて頂いております。

【OSSの活用例】

  • ECサイト構築
  • CMSベースの企業サイト構築
  • 会員制ポータルサイト構築
  • ソーシャル・ネットワーキング・サービスの構築
  • ビジネスブログの構築
【参考:Wikipedia】
OSS(オープンソースシステム)とは?
CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは?


OSS活用する上でのリスク・デメリット

 OSSを採用した場合は、比較的高機能なものを低コストで導入できるというメリットだけが注目されがちですが、残念ながらリスクやデメリットについて言及していない制作会社が多いのが現状です。弊社では次の通り、弊社の立場を明確にした上でサービスを提供させて頂きます。

 OSSの殆どはライセンス内で「無保証」をうたっていることもあり,バグやセキュリティーが原因で問題が生じた際に対応作業がなされるかどうかは開発・供給元の意志に依存します。
開発・供給元とは異なる専門業者も存在しますが、高額な委託費用、解決に要する時間、根本的に問題を取り除けるのかという点でデメリットが生じる可能性があります。

 安価で高機能であっても問題・障害への対応がなされない、遅いという事ではWEBサイトの運営に支障が生じます。そこで弊社ではWEBサイトの内容に応じてサポート対応が期待できると思われるオープンソースソフトを選定・ご紹介させて頂いております。

 その上で開発・供給元から提供されるソフトをベースにデザインのカスタマイズ、及び正規アップデータの適用を中心にサービスを提供させて頂いておりますが、原則として直接ソフト(のソース)そのものをカスタマイズしたり、修正を行うものではありません。
機能・性能・仕様・障害への対応方法は開発・供給元に依存致します。この点のみ予めお客様にご了解頂いた上でサービスを提供させて頂いております。

【OSSに対して弊社でご提供可能なサービス】

  • 安定サポートが期待できるオープンソースシステムの選択・ご提案
  • システムの構築・導入
  • デザインのカスタマイズ
  • 開発元より供給されるアップデータの適用(保守ご契約時)

【OSSに対して弊社でお受けしていないサービス】

  • オープンソースシステムの根幹部分のカスタマイズ
  • 開発元以外から提供されるアップデータの適用
  • 弊社独自の解析・修正作業
 弊社ではシステム開発部門において柔軟性の高い独自のCMSを常に研究・開発しております。オープンソースソフトのように仕様・障害対応が開発・提供元の意志に依存するシステムにご満足頂けない場合は、お客様のご希望に添った完全オリジナルのシステムを開発させて頂きます。詳しくはこちらをご覧ください。
▲このページのトップに戻る


ホームページ制作・システム開発:イージークルー 総合トップページへ戻る
レンタルサーバー比較ウォーターサーバー比較薬剤師転職サイト比較
イラスト素材バイク買取FX比較

Copyright (C) ez-crew.com. All Rights Reserved.